*

調停よりも和解を選ぶ

特定調停という方法も任意整理と変わりなくおのおの貸方に対して返済を行うことを選択した借金を整理していく方法なのです。

 

他の表現でいうなら裁判所が間に入る借金整理と考えればいいでしょう。

 

この方法も任意整理と同じように、自己破産手続きとは違い一部の借金のみを整理することになりますので他に連帯保証人が付く借入金を除いて整理をしたい際やクルマのローン以外だけを検討していく場合等においてでも使うことができますし、築き上げてきた資産を処分することは求められませんので自動車やマンションなどの自分の資産を持っているものの手放してしまいたくない場合にも活用できる借金整理の方法です。

 

いっぽう、手順を踏んだ後の返済額と実際として可能な収入額を検討して、常識的に見て返済の目処が立つようであれば特定調停での手続きを取ることが可能ですが自己破産手続きとは異なって借金自体が消えてしまうという意味ではありませんので、総額が大きい場合においては、現実にはこの選択肢を選ぶのは困難だということがいえるでしょう。

 

それから、この手順は公的機関が間に入ってくるので司法書士等に関わってもらわなくても不利な立場に立たされる心配がないということとか手続きにおいての金額を節約できるというメリットはあるのですが、貸方からの取り立てに対し自分で処理しなければならないこととか実際に裁判所にことあるたびにおもむく必要があるという注意点もあります。

 

任意整理による解決と比較すると調停にて和解が成立しない場合は借入利息を全部含めた形で払っていくことになるということやあとから見れば債権者へ返す合計額が任意整理による処理に対して割高になることがあるなどの注意が必要な点もあります。

 



コメントする